正しいシャンプー方法

:プレシャワーリング(前流し)

まずは、シャンプー前の流しから、です。この部分をシャンプーする前に「髪を濡らす作業」位と思っている方。大きな間違いです!

実はこのプレシャワーリングも重要な作業なのです。

まず、少し熱めの温度設定で充分に髪にシャワーを当ててください。濡らすという感覚よりも流すという感覚で行ないます。髪の汚れは、このプレシャワーリングだけで70%位落ちます。時間にして2?3分充分に行なってください。これをやることによって髪自体の汚れも落ちますのでシャンプー剤も少ない量で充分な泡立ちが得られます。


:スカルプマッサージ

次ぎにシャンプー剤を付けてシャンプーを行ないます。爪を立てずに指の腹で頭皮を洗います。

痒みがある方など爪を立てて洗いたくなると思いますが、それはむしろ逆効果。爪で痛められた頭皮は乾燥してフケや、より痒みを増すだけです。そして充分にマッサージをする感覚で洗っていきましょう。ムースやスプレー等を使用してる方は2度洗いをオススメします。


:アフターシャワーリング(後流し)

最後の流しですが、充分過ぎるくらいシャンプー剤を流してください←ここが重要です

フケや痒みがある方の多くは石油系のシャンプー剤で使用し、この流しを疎かにしているのが原因とされています。最低でも3分以上はシャワーで流します。

そして、リンスやトリートメントに移る訳ですが、頭皮に何かしらの効果があるリンス剤以外は頭皮には付けない様に!これもフケ痒みの原因になります。(裏書に頭皮にも付けると書かれてる製品は別です)


:シャンプー後のチェック

流し終わったら、髪の状態をチェックしてみます。リンスをする前の状態がアナタの今の髪の現状です。

洗浄力が高めの市販品で洗っている方は、きっと軋んでいて指どうりも悪くなっているはずです。しかし、自分に合ったシャンプーをチョイス出来ている方は、この状態でも潤いとしなやかな指どうりを感じてる事ができます。

どうですか? あなたのシャンプーのチョイスは正しいかったでしょうか? 今お使いのヘアケア剤を考え直すべきなら、これ!

Copyright © 2007 スカルプDシャンプー/ヘアメディカル薬用スカルプDで宮迫効果!. All rights reserved